テサランには致命的なデメリットがある?その真相は

テサランを使う前に知っておきたいデメリットとは

気温が高くなっていくと手汗をたくさんかく体質の方は悩みが大きくなっていくのではないでしょうか。
また、緊張すると大量の手汗が出てしまうという方は季節にかかわらず悩まれているのではないでしょうか。

 

そんな多すぎる手汗に悩む方の間で話題となり人気商品となっているのが、手汗対策に特化した制汗クリームのテサランです。

 

汗を止めるだけでなく、汗による不快な臭いを抑えてくれ、そして72時間も殺菌作用が持続するというテサランですが、そういったメリットだけではなく、いくつかのデメリットもあります。

 

もしもテサランの購入を考えておられるなら、テサランのデメリットも理解したうえで手に入れた方が、後で「期待していたものと違った」とがっかりすることもなくなるのではないでしょうか。

 

ここではテサランのデメリットについて説明したいと思います。

 

手汗が出てから塗っても意味がない

まず、テサランのデメリットとして「手汗が出てから塗っても意味がない」ということがあります。

 

テサランの制汗作用は、汗腺にふたをして汗が出るのを抑えるというものなので、汗が出始めてから塗ってもすぐに汗が止まるわけではありません。
今日は暑くなりそうだとか、今日は職場や学校で緊張しそうだという時に、前もって塗っておくというのが正しい使い方となります。

 

制汗効果を持続させるには塗り直しが必要

次に「制汗効果を持続させるには塗り直しが必要」ということもあります。

 

朝にテサランを手に塗って出かけたとしても、職場や学校でトイレに行って手を洗ったり、手のひらで物をつかんだりすると少しずつテサランの制汗成分はとれていきます。
そうすると制汗効果も低くなるので、手汗が出てくることになってしまいます。

 

ですので、制汗効果を維持させるためには、数時間ごとに塗り直すことをしなければなりません。
塗り直しの間隔は人によって違いますが、大体4時間くらいを目安として考えればいいでしょう。

 

出かける時には持ち歩かなければならない

また、塗り直しをする必要があるため、「出かける時には持ち歩かなければならない」ということもデメリットとしてあるかもしれません。

 

けれど、テサランの容器自体は普通のハンドクリームの容器と違いはありませんし、容器に「手汗防止クリーム」などと記載されているわけではないので周囲の人に気付かれる心配などはないと思われます。

 

テサランのメリットは高く評価されている

このようにテサランには、デメリットもあるのですが、手汗を抑える、手汗による不快な臭いを防ぐ、利用しても肌荒れなどが発生しない、という効果は大きなメリットであり口コミなどでも高く評価されています。

 

これらの効果にデメリットを超える価値を感じたなら、全額返金保証サービスもありますし気軽に試してみてはいかがでしょうか。

 

 

テサランの効果や口コミを見てみる