テサランの副作用が心配!問題のある成分は配合されてる?

テサランに副作用はあるの?

手汗で悩んでいる方は少なくないと思いますが、そんな困った手汗を抑えて手のひらをサラサラにしてくれるということで人気商品となっているのが、手汗対策の制汗クリームであるテサランです。

 

人気商品のテサランですが、まだ使ったことがない方は「副作用などはないの?」と疑問を感じることもあるでしょう。
実際に、制汗剤などを使ったことによりお肌が炎症になってしまった、などという副作用が起こったケースもあります。

 

手汗はどうにかしたいけれど、手汗を抑えるのと引き換えに手の肌が荒れるようなことがあったらテサランを使う意味がないですからね。

 

ここではテサランを使うことにより、副作用が起こる可能性があるのかどうかを解説したいと思います。

安全性を追求したテサランの成分

クロルヒドロキシアルミニウムとイソプロピルメチルフェノールの2つがテサランの主要な成分です。

 

外国製の制汗剤には塩化アルミニウムが多く使われているのですが、テサランに使われているクロルヒドロキシアルミニウムは塩化アルミニウムと比較すると汗を抑える働きは少し効果が低くなります。
けれど、副作用が起こる可能性はほとんどなく安全性が高いことで知られています。

 

汗を抑える効果は高いものの肌に対する安全性に不安がある塩化アルミニウムは、日本では全体の13%までしか配合できないと法律で決められています。
肌荒れや肌の異常な乾燥を避けるために、現在販売されている手汗対策クリームの大部分はクロルヒドロキシアルミニウムを使用して安全性を高めています。

 

一概に日本製の制汗剤と外国製の制汗剤を比べてどちらの方がいいとはいえませんが、肌に対する影響という点では日本の方が基準が厳しく安心できるということになります。

 

テサランについては、手汗を抑えようと思って使った結果、手の皮膚が荒れたり炎症を起こしたりするという心配はありません。

 

テサランのもう一つの主要な成分であるイソプロピルメチルフェノールですが、殺菌作用で手汗によって繁殖する雑菌の不快な臭いを抑えます。
手汗によって手から嫌な臭いがすることに悩んでいたという方には、この成分の働きが役に立つことでしょう。

 

殺菌効果が高いイソプロピルメチルフェノールは、医薬部外品については1%以下しか配合することはできないという基準が国によって決められています。
イソプロピルメチルフェノールには接触皮膚炎の副作用が発生することが報告されていますが、定められた基準以下しか使われていない商品であるなら副作用が起こる恐れはありません。

テサランと別の薬やコスメを併用する時は

テサランは国の基準に従って成分が配合されていますから副作用で被害を受ける恐れはありませんが、もしもテサランと同時にほかの薬やコスメなどを使った場合はそれらと合わせて基準量を超えてしまう可能性がないとはいえません。

 

テサランを塗ったうえにさらに別の医薬品やコスメなどを使うといった場合には、それらの医薬品やコスメなどに配合されている成分を確かめて、テサランと重複する成分があるときは同時に使うのは避けた方がいいかもしれません。

 

ほかの医薬品やコスメを使った後でテサランを塗る場合は、成分が重ならないようによく手洗いしてから塗るようにすれば安心です。

テサランは全額返金保証つき

いかがでしょうか。
テサランは安全基準に従って作られていますので副作用が発生する心配はないということがわかりました。

 

公式通販サイトで購入すれば、もしも試してみて効果が感じられなかった時は全額返金サービスを利用することができますので、手汗でお悩みなら気軽に試してみてはいかがでしょうか。

 

 

↓↓テサラン公式サイトはこちら↓↓

テサラン

 

テサランの効果や口コミを見てみる